ペンタックスで撮る「超広い光景」

印刷
圧倒的な超広角表現を楽しめる
圧倒的な超広角表現を楽しめる

   HOYA PENTAXイメージング・システム事業部は、超広角単焦点レンズ「smc PENTAX-D FA645 25mmF4AL[IF] SDM AW」を、2011年4月2日に発売する。

   中判デジタル一眼レフカメラ「PENTAX 645D」に装着すると、同社の645D用交換レンズで最も広い画角が得られる。超広角レンズならではの遠近感の強調や、深い被写界深度などの表現が楽しめ、広大な風景や奥行きの無い室内などさまざまなシーンに対応する。

   また、超高精細画像に対応する最新の光学設計によって、「PENTAX 645D」の性能を最大限に引き出すという。

   参考価格は、40万円前後。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中