2018年 7月 22日 (日)

ペンタックスで撮る「超広い光景」

印刷
圧倒的な超広角表現を楽しめる
圧倒的な超広角表現を楽しめる

   HOYA PENTAXイメージング・システム事業部は、超広角単焦点レンズ「smc PENTAX-D FA645 25mmF4AL[IF] SDM AW」を、2011年4月2日に発売する。

   中判デジタル一眼レフカメラ「PENTAX 645D」に装着すると、同社の645D用交換レンズで最も広い画角が得られる。超広角レンズならではの遠近感の強調や、深い被写界深度などの表現が楽しめ、広大な風景や奥行きの無い室内などさまざまなシーンに対応する。

   また、超高精細画像に対応する最新の光学設計によって、「PENTAX 645D」の性能を最大限に引き出すという。

   参考価格は、40万円前後。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中