2018年 7月 23日 (月)

アップル「iWork」 iPhone/iPod touchでも利用OK

印刷

   アップルは、iOS版の仕事効率化アプリケーション「iWork」のプレゼンテーションソフト「Keynote」、ワープロソフト「Pages」、表計算ソフト「Numbers」を、2011年6月1日からiPhoneやiPod touchでも利用可能とした。

   それぞれのアプリケーションは、Mac版iWorkおよびMicrosoft Officeとの間で書類の読み込みと書き出しができるうえ、AirPrintを使ったワイヤレスプリンティングにも対応。いずれのアプリも文書管理機能が向上し、サムネイル画像を利用して目的のファイルを素早く見つけることができたり、直感的なジェスチャー操作でグループ分けしてフォルダ内で管理したりできるようになった。

   iPad/iPad 2、iPhone 3GS/iPhone 4、iPod touch(第3および第4世代)で動作。それぞれのアプリケーションはApp Storeを通じて、各1200円で販売している。iPad版「iWork」の利用者は無償アップデートとして提供する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中