ラーメン博物館に「節電ラーメン」登場

印刷
写真は、支那そばや「塩 山水涼麺」
写真は、支那そばや「塩 山水涼麺」

   東日本大震災の影響でこの夏は「省エネの暑さ対策」が求められている。新横浜ラーメン博物館(横浜市)では、「ラーメンで節電」をコンセプトに、「体を冷やす食材」を用いた「節電ラーメン」7種を順次発売している。

   東洋医学では食材を「陰性」「陽性」「平性」の3つに分類しており、陰性の食材には体の熱を取る作用があるとされている。この陰性に属するトマト、水菜、きゅうりなどの食材を用いて、「冷やしラーメン」や「冷やし中華」といったメニューを博物館の各店で創作した。

   発売中の商品は以下の通り。

支那そばや「塩 山水涼麺」(950円)
井出商店「冷やし中華ゴマダレ」(900円)
龍上海「冷やしからみそラーメン」(950円)
二代目げんこつ屋「ピリ辛涼麺」(880円)
麺の坊砦「ゆず辛つけ麺」(1050円)

   2011年7月1日に、こむらさき「冷たい王様ラーメン」(800円)、7月15日には、頑者「冷やしつけめん」(950円)も発売される。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中