カンヌ広告賞で「金賞」、2万人が手を振る九州新幹線「幻のCM」

印刷

   九州新幹線の全線開業を知らせるCM「JR九州/祝!九州キャンペーン」が2011年6月23日、カンヌ国際広告祭のアウトドア部門で金賞、メディア部門で銀賞を受賞したことがわかった。

   受賞したCMは、九州新幹線の鹿児島中央駅からスタートして博多駅に着くまでの間、沿線に詰めかけたたくさんの人たちが手を振る様子を、車内から撮影してまとめたものだ。

お蔵入りになっていた?

新幹線が博多駅に入る瞬間!
新幹線が博多駅に入る瞬間!

   映像には、さまざまな場所に、思いおもいの格好で、笑顔で手を振る人たちの様子がおさめられている。中には、チアリーディングをする女性グループ、ウェディングドレス姿の女性と白タキシード姿の男性も見える。新幹線は、新水俣、熊本、久留米などの駅を経て博多駅に到着。多くの人がこれを歓迎し、ウェーブで大盛り上がりだ。日系スウェーデン人のシンガーソングライター、マイア・ヒラサワさんの歌うCMソングも映像によくあい、CMの魅力となっている。

   このCMは、地震の影響で、テレビでのオンエアは一時、「お蔵入り」になっていたという「幻のCM」なのだが(4月下旬再開)、web上では口コミで広まっていた。国内外からは「元気をもらった」「何度見ても泣ける」「感動した」といったコメントが寄せられ、閲覧数は合計で200万PVを超えている。

   たくさんの人が集まったこのCMは、どのようにして生まれたのだろうか。

「人が集まるのか不安があった」

   JR九州の担当者によると、「九州のみなさんで喜びをわかちあうCMを作りたかった」そうだ。沿線からたくさんの人に手を振ってもらい、ひとつになる様子を映像に残そうというアイデアが固まり、2011年1月7日、JR九州のwebサイトやテレビCMなどで告知した。撮影日は2月20日としたが、担当者は「当日、人が集まるのか不安があった」という。

   それでも、人は集まった。2011年2月20日、10時55分。少し雨の降る鹿児島中央駅から新幹線が出発し撮影はスタートした。

「下見であらかじめ映りのいい場所をピックアップして、webサイトでも告知しましたが、それ以外の場所にも予想以上の人が集まっていたのに驚きました。新幹線に乗っていた者の話では、出発してすぐたくさんの人が目に飛び込んできて、感動したと言っています」

   この日、九州新幹線に向かって手を振った人の延べ人数は1万人とも2万人とも言われる。また、スタート地点の鹿児島中央駅には509人、ゴールの博多駅には464人が詰めかけた。

   当日の様子は現在、JR九州のwebサイトでも「フォトギャラリー」として写真を公開している。また、放映されたCMや未公開映像などをおさめたDVDも販売中だ。予約の段階で、8000枚以上が売れたという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中