2018年 7月 20日 (金)

母親の4人に3人「子どもの熱中症が不安」、水分補給の落とし穴とは

印刷
赤穂化成「熱中対策水 レモン味」(147円)
赤穂化成「熱中対策水 レモン味」(147円)

   赤穂化成(兵庫・赤穂市)とイード(東京・中野区)では中学生以下の子どもをもつ母親533人を対象に、夏の暑さに関する意識調査を行った。

   これによると75.8%の母親が「子どもが熱中症にならないか」とこの夏の暑さに不安を感じており、子どもが熱中症になった経験があるという母親も13.5%いた。

   わが子の熱中症対策として気をつけていることとしては、「こまめな水分補給」が94.6%と断然トップ。しかしその方法としては「お茶、ミネラルウォーター」派が77.3%だったのに対し、「塩分を含む飲料(スポーツ飲料)」派は41.5%だった。塩分が熱中症に効果があることは9割近くが認識していたものの、実際には「糖分や塩分の取り過ぎが心配」などの理由からスポーツ飲料が敬遠される傾向が見られた。

   事実、糖分を含むスポーツ飲料や清涼飲料水を飲みすぎると、「ペットボトル症候群」と呼ばれる急性の糖尿病を発症する危険性が指摘されている。ペットボトル症候群自体の認知度はおよそ3割に留まったが、「水分をカロリーのあるスポーツドリンクで取る」ことに不安を感じる母親は少なくないようだ。

   そんな中で、赤穂化成が販売しているカロリーゼロのミネラルバランス飲料「熱中対策水 レモン味」に注目が集まっている。水分や塩分だけでなく、ナトリウム、カリウム、カルシウムも汗に近いミネラルバランスで補給でき、しかも「ペットボトル症候群」の心配がないノンカロリー飲料。清涼感とキレのあるレモン味なので、暑さがこたえそうな今年の「節電の夏」は心強い味方になりそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中