日本MS、新世代クラウドサービス「Microsoft Office 365」提供始める

印刷

   日本マイクロソフトは2011年6月30日、新世代クラウドサービス「Microsoft Office 365」の提供を始めた。電子メール、予定表、ファイル共有、ポータル、インスタント メッセージ、オンライン会議などの機能をアプリケーションとして提供する新世代クラウドサービスだ。

   クラウドベースのサービス「Microsoft Exchange Online」、「Microsoft SharePoint Online」、「Microsoft Lync Online」を統合して提供することで、従来と変わらない業務を遠隔地でも場所を選ばずに行える。

   管理機能を簡略化したメニュー「プランP」は1人あたり月額600円。数人から数万人まで幅広く利用できるメニュー「プランE」が1人あたり月額1000円から、それぞれの企業/組織で利用できる。なお、「Microsoft Office 365」は2010年10月から限定ベータ版を、2011年4月から公開ベータ版を提供しており、トヨタ紡織、毎日放送、三菱ガス化学などが導入しているという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中