日本人の9割、ロシア「身近ではない」―友好のカギは「北方領土」7割

印刷

   日本人にとって、ロシアは近くて遠い国――そんな統計を、M1・F1総研が発表した。全国7都道府県に住む10~60代の男女、1470人に尋ねた結果だ。

日本の言葉や暮らしに多い「ロシア由来」

北方4島を知っているか(自由回答で記入)
北方4島を知っているか(自由回答で記入)

   韓国や中国と並び、日本の「隣人」の1つであるロシア。ところが韓国に対して63.0%、中国にも49.9%の人が「関心がある」と答えたのに対し、ロシアは34.1%。訪問経験がある人も1.8%と非常に少なく、ロシアのことを「とても身近に感じる」人はわずか1.0%だった。「まあ身近に感じる」を加えても8.4%に過ぎず、大半の日本人にとってロシアは「身近」とは言いがたい国のようだ。

   多くの人はロシアについて「寒い」「北方領土問題」といったイメージしか持っていなかったが、日本の言葉や暮らしの中には、意外とロシア由来のものが多い。人気キャラの「チュブラーシカ」(認知度34.0%)、ゲームの「テトリス」(25.4%)もその一例だ。「イクラ」がロシア語だとは26.3%が知っていたが、「ノルマ」「インテリ」も実はロシア語由来。逆にロシア名物の「マトリョーシカ」の起源が日本のだるまという説もある。こうした「トリビア」を聞いて54.4%は「ロシアに対する親しみが増した」と答え、「ロシアについてもっと知りたい」という人は63.9%に達した。

「竹島」は北方領土?

   現在の日本とロシアの関係について尋ねると、75.6%が「良くない」と回答。83.1%は「今後、日本とロシアは友好関係を結ぶべき」と考えていたものの、76.7%がそのためには「北方領土問題の解決」が欠かせないと答えた。

   一方で北方領土4島の名前を正しく知っている人は41.2%に留まり、1島も知らない人も2割に及ぶ。特に若年層の正答率が低く、「知床半島」「竹島」「カムチャッカ」「シベリア」といった誤答もあった。日ロ友好のためにはまずはロシアという国について、そして両国間の問題について、正しく知ることが第一歩になりそうだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中