2018年 5月 23日 (水)

すばやく温水に ビデ&おしりノズル分割 東芝の新型温水洗浄便座

印刷
汚れにくいステンレスノズルを採用。手入れがしやすく清潔性もアップ
汚れにくいステンレスノズルを採用。手入れがしやすく清潔性もアップ

   東芝ホームアプライアンスは、省エネ基準達成率160%(目標年度2012年度)の「瞬間式」温水洗浄便座「クリーンウォッシュ SCS‐S310」を、2011年8月1日に発売する。

   必要な時に、独自の高効率ヒーターユニットで洗浄水を温める「瞬間式」を採用。新たに便座内部に断熱材を使用し、さらに便座全体を隙間なく覆う蓋形状の「ピタっとデザイン」で、便座からの放熱を抑えた。

   洗浄シャワーを放出するノズルには樹脂素材に比べ汚れにくいステンレスノズルを採用。「おしり洗浄用ノズル」と「ビデ洗浄用ノズル」に別れたステンレスノズルは、根元から着脱できるため、手入れがしやすく清潔性も向上した。シャワーの当たりをやわらかくする「エアインマイルド洗浄」機能もある。

   また、操作に便利なリモコンも付属した。オープン価格。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中