ミドリムシ粉末入りラーメンで 真夏を乗り切れ!

印刷
見た目は個性的だが、意外とあっさりした味
見た目は個性的だが、意外とあっさりした味

   東京大学の近くにあるラーメン店「山手らーめん 安庵(本郷店)」は2011年7 月中旬から、食用ミドリムシを世界で初めて大量培養することに成功した、東京大学発のベンチャー・ユーグレナ社とコラボし、ミドリムシ粉末を使った新商品「みどりラーメン」を売り出した。

   ミドリムシは、鞭毛運動をする動物的性質をもちながら、植物として葉緑体を持ち光合成を行う、動物と植物の両方の性質を持っている単細胞生物。必須アミノ酸やビタミン類など59 種類の栄養素を持ち、「ミドリムシだけ食べていればヒトが生きていくのに必要な栄養素をまかなえる」と言われるほど栄養バランスに優れているという。

   とんこつスープとパスタのような麺に、オリーブオイルベースのミドリムシオイル・バジルなど5種類の緑色素材をつかうことで、見た目は個性的だが食べやすくなっており、ほのかにミドリムシの海藻のような味がする。価格は700円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中