2018年 7月 16日 (月)

子どもたちの夢や願い事 「きぼう」で古川さんが読む!

印刷
宇宙子どもワークショップ2011は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)などが中心となったプロジェクトで、JAXAの協力のもと、古川聡さんにメッセージが届けられる
宇宙子どもワークショップ2011は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)などが中心となったプロジェクトで、JAXAの協力のもと、古川聡さんにメッセージが届けられる

   宇宙子どもワークショップ2011実行委員会は2011年8月7日、「宇宙子どもワークショップキャラバンin仙台たなばた」を、東北大学の川内北キャンパスで開催する。

   国際宇宙ステーションに滞在中の古川聡さんが、子どもたちの夢や願い事を、日本実験棟「きぼう」内の無重力空間で、星に向かって読み上げる映像を上映する。読み上げられるメッセージは、日産セレナ内の特設webサイトで受け付けている(8月6日17時まで)ほか、被災地などで開催された「宇宙子どもワークショップ2011」で募集したものとなる。当日の様子は、特設webサイトでも公開する予定だ。

   「宇宙子どもワークショップキャラバンin仙台たなばた」は、日産自動車のミニバン「セレナ」が、子どもたちの未来の夢づくりを応援する企画として実施している「『星に願いを!』プロジェクト」の一環。日産セレナwebサイト内の「『星に願いを!』プロジェクト」キャンペーンサイトでは宇宙服(レプリカ)が当たるプレゼントキャンペーンも実施している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中