【Paris発】20歳差なんて当たり前、年下男ハントする40+α代クーガー

印刷

   近頃、フランスのメディアに盛んに取り上げられているcougarクーガー(女)。フランス版ウィキペディアによると、「40歳以上で、8歳以上年齢差のある年下男性と付き合う女性のことであるが、実際には18~20歳くらい離れたカップルが多い」のだという。

クーガー向け出会い系サイト、指南書も登場

フランスクーガーの代表、クレール・シャザル (C)tvmag le figalo
フランスクーガーの代表、クレール・シャザル (C)tvmag le figalo

   クーガーという呼び名の起源は不明だが、アメリカで、40代シングルマザーが主役(『フレンズ』のコートニー・コックスが演じる)のTVドラマ『クーガー・タウン』がヒット。日本でも、六本木や麻布に出没し草食系男子を追いかける35才以上の女性が、クーガー女またはピューマ女と呼ばれていると聞く。

   ここフランスには、クーガー向け出会いサイトも複数あり、この夏には、『思い切って、クーガーになりなさい』なんてタイトルの本も出版され、評判になっている。同書でも取り上げられているが、フランスで理想のクーガー像とされるのが、55才、ニュース・キャスターのクレール・シャザル。20年来、テレビ放送局TF1の看板キャスターを務め、今でも女性誌のグラビアページや表紙を飾り、彼氏は19才年下のモデル兼俳優だ。

   歌手マドンナの目下の恋人は29才年下だというし、日本では女優秋吉久美子の夫は確か26才年下だったし。国を問わず年齢差大のカップルの例はあるが、最近の現象はその大衆化。以前は、キャリアとお金のあるセレブ女性の特権のように思われていたが、クーガー向け出会いサイトに登録している女性会員のプロフィールをみると、職業も事務職、美容師、主婦、失業中なんて人も。また、年齢も30代後半から60代まで幅広く、「私でもなれそう」と考える女性が急増中のようだ。

クーガーのお相手は、子猫くん

クーガー向け指南書も売れている
クーガー向け指南書も売れている

   『思い切って、~』ではクーガーと付き合う男性たちを「子猫」と称しているが、先日、テレビの視聴者参加型討論番組で、子猫くんたちが、なぜクーガーに惹かれるのか?を赤裸々に語っていて面白かった。「経験が豊富(特に夜の)」、「若い女は一緒にいて疲れる」、さらには「妊娠の可能性が低くていい」なんて、ちょっと身勝手な意見も。

   本の中では、子猫くんへの対し方も丁寧に指南されていて、たとえば、年齢を尋ねられた時は、「『20~80才の間よ』と答える」。また、「家族ぐるみの付き合いに発展した時、クリスマス・パーティで、自分の息子と子猫に同じゲーム機をプレゼントしないこと」なんて、ずいぶん具体的なアドバイスでしょう。

「いいクーガーになるには自立しろ! 愚痴言うな!」

   この指南書、いいクーガーになるための心得を説く章もあり、自立した大人の女になること(子猫の振る舞いが気に入らなければ、「娘っ子たちの元にお戻りなさい」と冷ややかに言い渡す)。愚痴を言わないこと(いつもポジティブに!)。暴飲暴食を避けること。ボディラインを保つために定期的にスポーツをすること。常に上品な装いを心がける(家にいる時もおしゃれを!)。知性を磨く・・・などなど。でもこれって、別にクーガーを目指さずとも、女性誌の「いい女になる」特集や女性向け自己啓発本にも、よく書かれているような。

   クーガーが増えた背景として、一昔前に比べて女性が40代になっても若々しく、女の魅力を保っているから、と言われているが、確かに40代の女性たちは美や若さを保つために様々な努力をしている。その成果を証明してくれるのが、子猫くん、ということなのかもしれませんね。

   もちろん、魅力的であれば、同世代や年上の男性からだって愛されるはず。ただ、年下(しかもなるべく年の離れた)男性のハートを射止めた方が、若い女たちに勝った!感がより強くなるの?どうなの?

江草 由香

【プロフィル】
江草由香(えぐさ ゆか)
フリー・編集ライター。96年からパリ在住。ライターとして日本のメディアに寄稿しながら、パリ発日本語フリーペーパー『ビズ』http://www.bisoupfj.comの編集長を務める。著書は芝山由美のペンネームで『夢は待ってくれるー女32才厄年 フランスに渡る』。趣味は映画観賞。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中