【ご当地グルメ食べまくり】沖縄・豆腐ようと泡盛で最高の「酒体験」

印刷

   沖縄に出かけた帰りの那覇空港で、沖縄名産のお酒泡盛を買い、ついでにつまみも――と、「豆腐よう」を買ってみた。

   豆腐ようは、豆腐の発酵食品。琉球王朝時代に、大事な客のもてなしに重宝されたと言われる珍味、珍肴だ。小さく角切りにした豆腐を干し、紅麹、黄麹、それに泡盛の漬け汁にに入れて数か月熟成させる。

「一口でぱくり」は禁物

紅と白の2つの味を楽しめる
紅と白の2つの味を楽しめる

   沖縄県の物産を販売する「わしたショップ」の那覇空港店で、いろんな豆腐ようを扱っていたが、手ごろな価格(525円)で販売されていた紅・白の豆腐よう2個入りを購入。紅濱という会社のものだ。

   なお「わしたショップ」は札幌、銀座、名古屋など各地に出店していて、この商品を含む各種豆腐ようは「銀座わしたショップ」などでも取り扱っている。ちなみに「わした」とは沖縄の言葉で、「わたしたち」といった意味だとか。

   さて、よくコーヒーミルクが入っているような形のポーションをあけると、漬け汁のなかに、とろっと、少し角が取れた感じの2cm角の豆腐ようが見える。紅い色は、紅麹の自然な色だそうだ。

   ウニとかチーズにたとえられる濃厚な味の豆腐ようは、楊枝や箸で米粒大ぐらいをすくって食べるのが流儀。「決して一口でぱくりとやってはいけない」と、説明書きにもある。

陶然たる心持ちになれた

   豆腐ようをちょびっとなめるように口に運び、泡盛を一口。なんとまあ、これだけ相性のよい酒とつまみの組み合わせは、めずらしいのではないだろうか。豆腐ようが泡盛の、泡盛が豆腐ようのうまみ、香りを引き出し、その相乗効果で天まで昇れそうな陶然たる心持ちになってくる。ぜひ一度は味わうべき酒体験であろう。

   赤と白の違いでは、白のほうが、ちょっと白みそを思わせるような甘みがした。

   ものは試し、とビールのつまみにもしてみたが、到底、真価は味わえなかった。やはり豆腐ようは泡盛との組み合わせで、極上の佳肴となるようだ。


商品名:豆腐よう お試しボックス(2個入り)「味くーた」
メーカー:紅濱
サイズ(箱):12.5×8×3.2cm
価格:525円(税込)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中