2018年 7月 22日 (日)

ニーズに応えた!保温機能付き「電気ケトル」

印刷

   象印マホービンは、業界初をうたう沸とう後1時間の保温機能を搭載した、電気ケトル「CK‐FS型」を、2011年9月21日に発売する。

清潔で水量が見やすい

「1時間あったか保温」は、少しの間だけ保温しておきたいときに便利
「1時間あったか保温」は、少しの間だけ保温しておきたいときに便利

   沸とう後、約90度で保温して1時間経つと、自動で電源オフする「1時間あったか保温」(選択式)を搭載。食事中に家族が別々のタイミングで湯を使うときや、2杯目のおかわりを飲むときなど、「少しの間だけ保温しておきたい」というニーズに応えた。ハンドルに操作部があるので、湯沸かしや保温の操作は片手で行える。

   また、「カルキとばしコース」を選択すると、沸とう後約2分30秒カルキとばしができ、完了後はメロディーで知らせてくれる。清潔で水量が見やすい「広口フッ素加工内容器」。

   色は、クリアブラックとホワイト。価格は、1万3650円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中