2018年 7月 16日 (月)

スマフォ向けに情報発信「山手線トレインネット」 1か月間の試行を実施

印刷

   JR東日本は2011年9月6日、山手線車内でスマートフォン向け情報提供サービス「山手線トレインネット」を試行すると発表した。9月20日に公式サイトを開設し、10月4日から11月2日までの実施を予定している。

車内や沿線情報がタイムリーに得られる

トップ画面はこんな感じ
トップ画面はこんな感じ

   同社の企業内研究機関「フロンティアサービス研究所」で設計・試作された「車両内でのパーソナルな情報提供システム『infoPic』」を山手線1編成に搭載し、リアルタイムでの情報提供を行う。システムを搭載した列車に乗ると、手持ちのスマートフォンから情報を得られる仕組みだ。

   利用は簡単で、スマートフォンの設定画面からWi-Fi設定画面を開いてWi-FiをONにして、接続するネットワークを「Trainnet」を選択した後(パスワードは不要)、ブラウザから閲覧できる。

駅ナカ店舗のキャンペーン情報やクーポンなども

   今回の試行では、「鉄道情報」として運行状況、駅・乗換案内、社内状況(乗車率・車内温度)を配信、また、「マーケティング関連情報」として沿線ニュース、コミックや小説、動画、駅ナカ店舗のキャンペーン情報やクーポン、トレインチャンネルと連動した動画広告を配信する。なお、利用者からのアンケートなどをもとに、サービスの内容を評価・検証し将来の実用化を目指すという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中