2018年 7月 23日 (月)

Android公式マスコット、日本にも上陸

印刷

   キャラクターグッズの企画・製造・販売などを行うラナ(大阪市)は、Googleの携帯端末向けOS「Android」のキャラクターフィギュアのデザイン、制作に関するライセンスを保有する米Dead Zebra社と日本での独占販売契約を提携した。これにともない、2011年12月からGoogleアンドロイドのマスコット「Android mini collectibles」を国内初正式販売する。

日本限定パッケージで登場

上:Standard Edition 下:DIY Edition
上:Standard Edition 下:DIY Edition

   第一弾として登場する「Standard Edition」は、ボディーがグリーンのキャラクターを忠実に立体再現化したコレクションのベースとなるモデル。「DIY Edition」は購入者が自分でカラーリングを楽しめるモデルとなっている。パッケージはデザイナーのアンドリュー・ベル氏がリデザインした日本限定仕様だ。

   価格は840円。16個入りのセットボックスは1万3440円。直販サイト「ラナタウン」では11年11月9日から予約を受け付けている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中