スマホ普及で広まる「通話アプリ」 異なる通信キャリア間で「無料電話」も

印刷

   2011年10月、KDDIとソフトバンクモバイルからiPhone4Sが発売され、話題となったことに象徴されるように、近年スマートフォンが急速に普及してきている。スマートフォンというと、データ通信機会の増加に注目が集まりがちだが、利用者の通話に対するニーズは衰えていないようだ。

   そうしたスマートフォンの利用で気になるのが通話料金。そんな中、高額になりがちな通話料金を節約できるということで、注目を集めているのがスマートフォン向け「通話アプリ」だ。異なる通信事業者(キャリア)間でも、アプリ同士であれば無料となることが人気を集め、ダウンロードする人が増えている。

実は通話もしたいスマホユーザー 高料金が通話欲求の弊害に

通話料金をどれだけ節約できたかも見られる
通話料金をどれだけ節約できたかも見られる

   調査会社アイシェアは2011年10月27日、スマートフォン利用者を対象とした通話に関するアンケート結果を発表した。1209人から回答があり、10分以上の通話をすることが「ある」と答えたのは55%と半数を超えた。相手は未婚者が「恋人」、既婚者は「配偶者」が最も多かったという。

   通話をしたい時間帯は「21時台」が18.8%でトップ。KDDIやソフトバンクモバイルは、同じキャリア間であれば1~21時に通話料金が無料となるプランがあるが、無料通話時間外である21時台に、「電話したい」という欲求が最も高いことがわかる。

   その一方で、調査では、通話時間を気にしてメールなど別の手段で連絡することが頻繁、あるいはたまにある、との回答が8割を超えていた。通話料が安くなればもっと電話で話したい、と望む利用者が多く、通話料金が通話欲求の障害となっている実態が浮き彫りになった。

   そこで、注目されるのがスマートフォンで使える「通話アプリ」だ。通話アプリとは、インターネット網を利用して、無料もしくは格安で通話が可能な「IP電話」のことを指す。お互いのIDなどを通して、無料通話ができる「スカイプ(Skype)」や「バイバー(viber)」などが有名だ。

スマホ通話料金が15分の1に?! 通話アプリ「050 plus」の実力

   最近では「050」から始まる番号を持つことができるアプリも登場している。NTTコミュニケーションズが提供する「050 plus」は、従来型の「通話アプリ」とは異なり、携帯電話の番号とは別に「050」から始まる電話番号が付与される。アプリ同士に限らず、固定電話番号や携帯電話番号などほとんどすべての電話にかけることができ、普通の電話と同じように利用が可能だ。モバイル通信事情に詳しい武蔵野学院大学准教授の木暮祐一氏は、「従来アプリのように、IDを使って利用する場合、同様のサービスにある程度慣れていないと戸惑うかもしれないが、その点、電話番号は昔から利用されており、年齢を問わず誰でも抵抗なく受け入れられる。固定電話、携帯電話とも電話番号を通じて相互に通話できる手軽さは他の「通話アプリ」にはない特徴なのではないか」と説明する。

   何より大きなメリットは、通話料金だ。月額基本料金315円(税込)を支払えば、対固定電話は3分8.4円、対携帯電話は1分16.8円と携帯の通話料金と比べて格安に通話が可能であり、

   さらに、通話する相手の端末に同じアプリが入っていれば、通信キャリアを問わず24時間無料で通話できる。

   気になる音質だが、「携帯電話のデータ通信速度の向上により、IP電話の音声品質も改善されてきている。今日では、固定電話網のブロードバンドと変わらない速度になっている」と木暮氏は話す。

   今後、スマートフォン人気はさらに高まると思われるが、料金を格安にできる「通話アプリ」も、普及に向けて加速していきそうだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中