AKB、ジャニーズ、韓流に偏重 アブノーマルな日本のCD販売

印刷
〈Type-A〉(CD+DVD)(初回プレス生写真封入)
〈Type-A〉(CD+DVD)(初回プレス生写真封入)

〈Type-K〉(CD+DVD)(初回プレス生写真封入)
〈Type-K〉(CD+DVD)(初回プレス生写真封入)

〈Type-B〉(CD+DVD)(初回プレス生写真封入)
〈Type-B〉(CD+DVD)(初回プレス生写真封入)

AKB48
上からマリコ
各1360円
12月7日発売
キングレコード


   2011年に入って、日本のCD業界は大きな二つの潮流に新たな流れが加わり、加速した。

   大きな二つの潮流とは、「ジャニーズ系」と「AKB系」。

   新たな流れとは「韓流」だ。

芦田愛菜&鈴木福「薫と友樹、たまにムック。」が大健闘

[オリコン 年間シングルランキング]
1位 158.6万枚 「Everyday、カチューシャ」 AKB48
2位 158.6万枚 「フライングゲット」 AKB48
3位 141.4万枚 「風は吹いている」 AKB48
4位 107.9万枚 「桜の木になろう」 AKB48
5位 62.6万枚 「Lotus」 嵐
6位 60.9万枚 「迷宮ラブソング」 嵐
7位 49.4万枚 「マル・マル・モリ・モリ!」 薫と友樹、たまにムック。
8位 46.4万枚 「パレオはエメラルド」 SKE48
9位 44.1万枚 「Everybody Go」 Kis-My-Ft2
10位 42.7万枚 「オキドキ」 SKE48
[オリコン 年間アルバムランキング]
1位 87.0万枚 『Beautiful World』 嵐
2位 82.2万枚 『ここにいたこと』 AKB48
3位 73.8万枚 『願いの塔』 EXILE
4位 64.8万枚 『BORN THIS WAY』 Lady Gaga
5位 63.2万枚 『GIRLS' GENERATION』 少女時代
6位 48.2万枚 『Checkmate!』 安室奈美恵
7位 41.4万枚 『MUSICMAN』 桑田佳祐
8位 41.1万枚 『SMAP AID』 SMAP
9位 39.0万枚 『いきものばかり~メンバーズBESTセレクション~』 いきものがかり
10位 38.0万枚 『C'mon』 B'z
(2010/12/27付~2011/12/12付)

   日本のCDを中心としたメディア販売のほとんどは、この3つの流れのどれかに組み込まれることになった。

    オリコンの年間シングルランキングBest10を掲載したが、韓流の存在はそれほど目立たない。だが、売り上げ10~20万枚辺りのランキング20位から50位辺りにはKARAや東方神起、少女時代の名前が並ぶ。

   アルバムランキングを見ることで、かろうじて今のミュージックシーンに影響力のあるアーティストを知ることができるが、ほぼAKB、ジャニーズ、韓流という三本柱は動かない。

   それにしても、である。このシングルランキングはアブノーマルとしか言いようがない。Best10の内、AKB系、ジャニーズ系以外は、芦田愛菜ちゃんと鈴木福くんのユニット「薫と友樹、たまにムック。」1曲だけだ。

   AKB系といっても、AKB48がダントツでベスト1~4までを独占している。

   今年、AKB48のアルバム『ここにいたこと』の発売後に、J-CASTから取材を受けて大まかには「AKBといっても頂点に居続けることはないだろう」的な意見を述べたのだが、2011年に限ってはその予測は見事に外れた。とうとう12月7日に発売された篠田麻理子がセンターの24枚目最新シングル「上からマリコ」の初日売り上げが95.9万枚(オリコン発表)。デイリー1位で、ミリオン確実だそうで、2011年の締めもAKB48ということになった。

大震災で再認識された音楽の役割

   ご存知の通り、音楽にはさまざまのジャンルがある。その多くのジャンルの中で売り上げの大小はあるものの、ある程度のバランスは取れるものだ。だが、日本のCD販売に限っては、完全にアブノーマル。CDに付加される音源以外の価値(握手券だの)が購入意欲を掻き立てるのだろうが、なにか音源の豊かさや楽しさといった音楽本来の価値はどんどん低下していくばかりという気にもなる。決してAKB系、ジャニーズ系が悪いというのではない。彼らの楽曲は、優れた作品が多い。だが、CD販売の方法論は、CD業界が自分の首を絞めることにもなっている。

   相対的に見れば、CDというメディアが音源中心のメディアとしてのみでの存続は、なかなか難しい時代に突入しているのだろう。

   2011年は3.11が音楽業界に与えた影響も小さくなかった。震災直後にはライブ、コンサートの自粛ムードが広がり、寂しい時期もあった。だが、音楽の持つ癒やし、勇気付けといった大きな役割が見直された。これは大きな出来事だった。これまでの流れが変わることはないだろうが、音楽の持つ価値が再認識されたのは貴重なことだった。

   2012年はどんな年になるのだろう? 冒頭に書いた三つの柱は揺らぐことはないだろうが、さまざまのジャンルの音楽が多くの人々の耳に届くような、もう少しノーマルな音楽環境であればなと、心から思う。

加藤 晋

◆加藤 普(かとう・あきら)プロフィール
1949年島根県生まれ。早稲田大学中退。フリーランスのライター・編集者として多くの出版物の創刊・制作に関わる。70~80年代の代表的音楽誌・ロッキンFの創刊メンバー&副編、編集長代行。現在、新星堂フリーペーパー・DROPSのチーフ・ライター&エディター。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中