【ご当地グルメ食べまくり】「一番売れてる」ズワイ蟹 主役の「部位」はココ

印刷

   年末年始はカニの売りどきのようだ。筆者のところには昨年末から、カニの購入を勧めるダイレクトEメールがあちこちから届く。販売サイトには、カニを持って笑顔の子供の写真があったりする。カニは冬の一家団らんを取り持つ定番グルメのひとつかもしれない。

寄せられた感想1万7000件

寒い時期にはやっぱり鍋が一番
寒い時期にはやっぱり鍋が一番

   楽天市場などでもこの時期はカニが売れ筋のようだが、今回は楽天9000万点超の商品のなかでランキング1位にもなった「楽天で一番売れてるカニ」に注目し、取り寄せた。越前かに問屋「ますよね」の「カット済みズワイ蟹1.2キログラム」(ロシア産)だ。購入者による感想の件数も約1万7000件と尋常ではない数で、「大満足」「リピ間違いなし」などといった高評価が目につく。

   ところで、はじめてカニ通販に挑戦するといったときには、気をつけたいことがある。ひとつは部位と大きさ。ずわいガニの肉はどこの部位もそれぞれおいしいが、主役となるのはやはり「脚」。脚は一般的にサイズが大きいほうが味が良く、価値が高いとされる。「低価格でどっさり○キログラム!」と売られていても、脚は少なく小さい一方で、殻が多く、可食部の少ない肩肉などで重量を稼ぐような商品があるようだ。

   また、カニ1匹まるごと買うよりも、カットしてあり、脚はむき身(ポーション)になっているほうが食べやすい。ただでさえ食べるときは黙ってしまうと言われるカニだ。家庭で下処理に時間を費やしたり、固い殻をへし折り、ほじくりしながら食べるのでは、一家団らんどころか、家庭不和の原因となることも考えられる。

鍋で味わう大ぶりの脚の甘さ

大ぶりの脚がたっぷり入っている
大ぶりの脚がたっぷり入っている

   その点、「ますよね」のズワイ蟹は肩肉もけっこうな量がありつつ、大きな脚が10本ほど入っている。処理もされており、半むき身になっているのは好印象だ。購入時(2011年12月下旬)の価格は、送料(全国配送可能)込みで5250円だった。冷凍状態で配送され、食べる直前に流水で数分間、解凍することが推奨されている。

   カニの食べ方には、鍋・しゃぶしゃぶを筆頭に、焼ガニ、ボイル、天ぷらなど、いろいろあるが、今回は寄せ鍋風に野菜を入れて、カニ鍋にしてみた。上質な羅臼昆布でしっかりダシを取り、脚はあまり煮ずに食べる。その他の部位はカニダシにも期待して、どんどん鍋に放り込む。 

   食べでのある大ぶりの脚は甘く、ツメ周りの肉は締まって味が深い。カニのうまみが鍋に出たところで、最後に卵雑炊というのがカニ鍋の王道。少家族ならば、これで十分に満腹、満足感を味わえそうだ。

   最近は残念なことに、ネット上の(口コミ)グルメランキングの信用が疑われるような事件も起きているが、少なくともこのカニについては、「楽天1位」の称号に恥じない、多くの称賛もうなずける味(と価格)であった。


   商品名:カット済みズワイ蟹

   製造:越前かに問屋ますよね

   サイズ:1.2キログラム

   価格:5250円(送料別)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中