2020年 8月 9日 (日)

見えた?ダルビッシュ快投乱麻 「MLB」コレを知ればマジ面白い

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   ダルビッシュ有投手が今シーズンからメジャーリーグのマウンドに立つ。どんな活躍を見せてくれるか、今から開幕が楽しみだ。紹介する3冊はメジャーの野球をより深く、より楽しく味わうための手引となるに違いない。J-CASTニュースの新書籍サイト「BOOKウォッチ」https://books.j-cast.com/でも特集記事を公開中)。

日米野球の違いを浮き彫り

『メジャーの投球術――日本野球は、もう超えたか』
『メジャーの投球術――日本野球は、もう超えたか』

   日本の野球とアメリカのベースボールは違うものだとよくいわれる。日本の野球は緻(ち)密だが、アメリカは大ざっぱというわけだ。祥伝社新書『メジャーの投球術――日本野球は、もう超えたか』(著・丹羽政善、777円)によれば、そう単純なものではない。アメリカにも「1点を取り、1点を守り抜く」スタイルがあり、ハイレベルなサイン交換もある。本書は豊富なデータとエピソードでメジャーの野球を紹介しながら日米の違いを浮き彫りにする。

   「登板間隔中4日、投球数100球」がメジャーの先発ローテーションの大原則だが、その根拠は何なのか。野茂英雄、松坂大輔に続くダルビッシュの活躍を占う知識や情報が詰まっている。知れば知るほどMLBが面白くなること請け合いだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!