日本HP、プレミアムなウルトラブックで市場に攻勢

印刷

   2012年2月22日、日本ヒューレット・パッカード(以下日本HP)は、個人向け14.0インチワイド液晶搭載の新商品プレミアムウルトラブック「HP ENVY 14 SPECTRE 」を正式発表した。

デザイン・質感という視点を重視

プレミアムウルトラブックの本命HP ENVY 14 SPECTRE
プレミアムウルトラブックの本命HP ENVY 14 SPECTRE

   HPは、ウルトラブックとしては13.3型ディスプレイの「HP Folio 13」をすでに発売しているが、今回の新商品は、7万円台と価格面も考慮したFolio 13に対して、SPECTREはさらにデザイン・質感という視点を重視し、持っているだけで楽しい、羨望(せんぼう)を集めるようなセンスを追求したものというのがコンセプトだ。

   本体は厚さ約20mm、重量 1.83kg。天板、ディスプレイ、パームレスト、タッチパッド部分に高い強度をもつガラス素材を使用し、ベース部にマグネシウム合金を採用することで、高級感・上質感を演出。また13.3インチ級のボディーに14インチ画面の搭載を可能にし、解像度も1600× 900ドットと高精細なものとなっている。

   性能面でもCore iファミリー、SSDはもちろん、インターフェースはSD / MMCスロット、USB 3.0 と USB 2.0 、HDMI、ミニDisplayPort、IEEE 802.11a/b/g/n無線LAN、Gigabit Ethernetなど妥協がない。キーボードは大きなキーが特徴的で、白色LEDバックライトが美しく光る。さらに音の面では、Beats Audio TM ステレオスピーカーを備える一方でアナログボリュームコントローラも搭載。音に対するさまざまなこだわりに対応できるものとした。バッテリーは約9時間30分の長時間駆動だ。

   発表会では、同社取締役・副社長執行役員の岡隆史氏が「本命」と強調し、インテルの取締役副社長・宗像義恵氏も登壇。宗像氏は、「今日発表のHP ENVY 14 SPECTREはまさに新しい時代を切り開く代表的なもの。ウルトラブックというのは、新しいカテゴリーということで、ただ単にスペックがいいということだけではない」と力をこめた。また、PCの未来についても、「インテルでは、ウルトラブックを新しいPCのマーケットを切り開くための起爆剤ととらえている」と、これからの核となるカテゴリと位置づけた。

   HP DirectPlusと店頭では、仕様と価格が異なる。HP DirectPlusではCore i7 に 256GB SSD 搭載の上位モデルを販売し、価格は16万円前後。店頭ではCore i5 に128GB SSD搭載モデルで13万5000円前後となる見込み。いずれも3月中旬発売予定。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中