2018年 6月 22日 (金)

無印良品のコンセプト「もの八分目」 世界に発信する展示会

印刷

   「無印良品」の良品計画(東京・豊島区)はそのモノづくりの理念を発信するデザイン展示会「もの八分目 Product fitness 80」を、無印良品有楽町2FのATELIER MUJIで2012年3月1日~20日にかけて開催する。

生活を「適正」に戻そう

「もの八分目 Product fitness 80」
「もの八分目 Product fitness 80」

   「腹八分目」とはよく言うが、「食」ばかりでなく生活全般にあっても私たちはつい過剰な量、サイズ、機能などを製品に求めがちだ。「もの八分目」という言葉には、そうした過剰さに対し「それは余計なことではないか」「やり過ぎではないか」という視点を持ち、「適正(fitness)」な生活に戻そうという、無印良品のコンセプトが込められている。

   たとえば「テーブルの脚を少し細くする」、「収納ケースを少し小さくする」、あるいは「使用する素材を削減しても、サイズや機能を損なわない構造設計に取り組む」――こうした姿勢を単なる「マイナス」ではないポジティブな活動として、世界に向けて発信することが展示会の狙いだ。

   入場無料。3月9日から18日には同内容の展覧会を英ロンドンのデザイン・ミュージアムでも実施する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中