省電力30%達成、世界最速のクアッドコアCPU搭載スマートフォン

印刷

   ファーウェイ(華為)は、世界最速のクアッドコアCPUを搭載したスマートフォン「Ascend D quad」を2012年2月26日(スペイン現地時間)に発表した。

幅64mm、薄さ8.9mmのコンパクトサイズ

「Ascend D」
「Ascend D」

   「Ascend D quad」は、ファーウェイ製クアッドコア1.2GHz/1.5GHzプロセッサー(K3V2)を搭載したほか、ファーウェイ独自のパワーマネジメントシステムにより、最大30%の省電力も実現した。

   4.5インチの高解像度720pのディスプレイで、幅64mm、薄さ8.9mmのコンパクトサイズ。 バッテリーは1800mAhで、平均的な使い方で1~2日程度の使用が可能だという。

   また、「Ascend D」シリーズとして、「Ascend D quad XL」、「Ascend D1」も製品化する。「Ascend D quad XL」は、2500mAhバッテリーで2~3日使用でき、「Ascend D quad」と主な機能は同じで10.9㎜の薄さだ。「Ascend D1」は 1.5 GHz デュアルコアCPU 、1670mAhバッテリーを搭載している。端末の日本投入の詳細については未定だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中