2018年 7月 17日 (火)

「白」「赤」がシンプルモダンを演出、「スマート フォーツー」特別仕様車

印刷

   メルセデス・ベンツ日本は、全長わずか2720mmのボディーに大人2人のための最大限の利便性・快適性・安全性を凝縮したマイクロコンパクトカー「スマート フォーツー クーペ mhd」に、真っ白な外装に鮮やかなレッドの内装が際立つ特別仕様車「smart fortwo edition white coupe mhd」を設定し、2012年2月28日に全国限定80台で発売した。メーカー希望小売価格は、184万円。納車時期は2012年5月中旬ごろを予定している。

人気オプション装着でも据え置き価格

「smart fortwo edition white coupe mhd」
「smart fortwo edition white coupe mhd」

   クリスタルホワイトの外装色に、日本初となるホワイトトリディオンセーフティセル、ホワイトフロントグリル&ドアミラーカバーを組み合わせた真っ白なエクステリア、鮮やかなレッドのインテリアを採用することで、ホワイトとレッドのコントラストが映えるシンプルモダンな装いを演出している。

   装備面では、15インチ6スポークアルミホイール&ワイドタイヤ、本革巻きステアリング&シフトノブ、電動調整ヒーテッド・ドアミラー、ラゲッジルームカバー(ネット付き)などの人気オプションを装着しながらも、価格はベースモデルから据え置きとなっている。

   「smart fortwo edition white coupe mhd」を含む「スマート」は、全モデル「エコカー補助金(環境対応車導入普及促進対策費)」対象車に認定され、補助金額は10万円となる予定だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中