桜寄贈100周年記念「MetLife Alico SAKURA Project」、「SAKURA募金」で桜を被災地に

印刷

   メットライフ アリコは、2012年2月21日から「MetLife Alico SAKURA Project」を開催している。本プロジェクトは、日本からアメリカのワシントンD.C.への桜寄贈100周年を記念する日本版National Cherry Blossom Festival(以下「全米桜祭り」)」であり、ワシントンD.C.で全米桜祭りを運営するNational Cherry Blossom Festival, Inc.(以下「全米桜祭り協会」)の公認を受けている。

日米間の文化的交流・親善に貢献

   100年前に日本から寄贈された桜は、以後ワシントンD.C.を訪れた人々に親しまれ続けているだけでなく、桜寄贈を祝して、ポトマック川の桜並木を背に開催されている全米桜祭りは、毎年数百万人が参加する一大イベントとなっていて、多くの人々に笑顔や感動を与えている。

   メットライフ アリコの親会社であるMetLife,Inc.が、桜の寄贈からちょうど100周年にあたる2012年の全米桜祭りのメインスポンサーを務めることになったが、そんな中で、メットライフ アリコが展開中なのが「MetLife Alico SAKURA Project」だ。

被災地への植樹が目的の「SAKURA募金」

   このプロジェクトは、ワシントンD.C.へ寄贈された桜の子孫樹を日本へと「里帰り」させることがテーマで、ワシントンD.C.で多くの人々に親しまれている桜を、「復興および日米親善の象徴」として、東日本大震災で特に被害の大きかった被災各地へ植樹することになっている。そして、この植樹に向けて開始されたのが「SAKURA募金」(2012年2月21日~2012年5月7日)だ。集まった募金は、ワシントンD.C.へ寄贈された桜の子孫樹を含む桜の苗木の購入や、東日本大震災の被災地への植樹活動など、一連の取り組みに活用される。

   今後、全米桜祭り協会をはじめ、日米関連団体、各界著名人などと協力し、「桜植樹式典」や、「『桜』を楽しむカフェの期間限定オープン」なども予定されている。

   日米桜寄贈100周年に伴い、すでに記念切手の発売をはじめ、各団体がイベント開催を予定するなど、さまざまな動きが日本でも盛り上がりを見せている中で、メットライフ アリコも、「MetLife Alico SAKURA Project」を通じて、日米の親善に貢献するとともに、被災地の人々の役に少しでも立てるように全社を挙げて取り組んでいく。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中