2020年 11月 1日 (日)

配管、溶接「二流三流」の原発 本当に「再稼働」させていいのか

エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

「千年に1度の大津波」が原因だったのか

『福島原発 現場監督の遺言』
『福島原発 現場監督の遺言』

   「想定外」という言い訳はもはや通用しない。福島原発事故は、「人災」だったという見方が広がる中、講談社から発売された『福島原発 現場監督の遺言』(著・恩田勝亘、1575円)は、事故原因は「千年に一度の大津波ではなく、配管の欠陥が主因ではないか」と主張する。

   著者が配管を重視するのは、福島原発の元現場監督で1級配管技能士の故・平井憲夫氏の内部告発に基づく。平井氏は「日本の原発は設計図は立派でも配管や溶接は二流三流、ずさんな工事やインチキ点検がまかり通っている、やがて大事故につながる」と警告していた。この現場からの告発を、「週刊現代」の元記者で原発の取材経験豊富な著者が検証したのが本書である。原発再稼働の動きが出ている今、一読をすすめたい。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!