1.8Lエンジンに匹敵する走り、1.2L TSIエンジンの「ゴルフ ヴァリアント」

印刷

   フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアントのエントリーモデルとして人気の高い「Golf Variant TSI Trendline Premium Edition」のエンジン排気量を1.2Lにダウンサイジングした上に、ブルーモーションテクノロジーを採用した「Golf Variant TSI Trendline BlueMotion Technology」を、2012年3月23日に発売する。全国希望小売価格は、279万円。

「ゴルフ ヴァリアント」としては過去最高の低燃費

「Golf Variant TSI Trendline BlueMotion Technology」
「Golf Variant TSI Trendline BlueMotion Technology」

   「ゴルフ ヴァリアント」のエントリーグレードながら、2011年夏にクロームモールの追加などにより商品力が強化した「Golf Variant TSI Trendline Premium Edition」をベースに、エンジンを従来の1.4L TSIエンジンから、1.8Lエンジンに匹敵する走りを実現する1.2L TSIエンジンに変更したほか、Start/Stopシステム(アイドリングストップシステム)&ブレーキエネルギー回生システムを採用した「BlueMotion Technology」を「ゴルフ ヴァリアント」として初めて標準装備している。10・15モード燃費は16.4km/Lから18.4km/Lへと約12%向上し、「ゴルフ ヴァリアント」としては過去最高の低燃費を実現した。

   また、オートライトシステムやレインセンサー、自動防眩ルームミラーもあわせて標準装備となっている。

   ボディーカラーは、ディープブラックパールエフェクト、リフレックスシルバーメタリック、キャンディホワイト、トルネードレッド、テンペストブルーメタリックの5種類。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中