山手線全駅で「公衆無線LANサービス」開始

印刷

   東日本旅客鉄道とジェイアール東日本メカトロニクスは、公衆無線LANサービスを山手線内のすべての駅で2012年3月30日に開始する。

高速なインターネット接続を実現

   利用できる公衆無線LAN サービスは、「docomo Wi-Fi」「ソフトバンク Wi-Fiスポット」「Wi2 300」「au Wi-Fi SPOT」で、サービス提供の場は駅構内のコンコースやホームなど。「au Wi-Fi SPOT」(KDDI)のみ4月16日(予定)からサービスを開始するが、auスマートフォンの利用者は、「Wi2 300」エリアとして3月30日から利用可能だ。

   JR東日本の一部の駅構内ではすでに、ソフトバンクテレコムが提供する公衆無線LANサービス「BB モバイルポイント」が利用できるが、今回は「BB モバイルポイント」に加えて、山手線全駅と中央線御茶ノ水~千駄ケ谷間の各駅(合計36 駅)の119か所に、複数の公衆無線LAN サービスを提供できる設備を設置した。

   今後も、首都圏の駅を中心に公衆無線LANサービスを利用できるエリアを拡大していくとのことだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中