2022年 8月 18日 (木)

BABYMETAL「アイドル横丁祭」参戦 爆音パフォーマンスで熱狂の渦に

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   「ヘヴィメタルとアイドルの融合」テーマにした3人組ユニットBABYMETAL(ベビーメタル)が2012年4月8日、東京・渋谷AXで行われたアイドルフェス「アイドル横丁祭!!」に出演した。

   BABYMETALはアイドルグループ、さくら学院から派生したユニット。キュートなのに超ヘヴィというサウンドが特徴だ。YouTubeをきっかけに国内外のメタルファンから注目を集め、2012年1月にはメタルイベント「WOMEN'S POWER」にも参加して話題になった。

爆音ギターリフとともにモッシュ発生

骸骨バンドとともにステージに立つBABYMETAL(Photo by Taku Fujii)
骸骨バンドとともにステージに立つBABYMETAL(Photo by Taku Fujii) 両手を挙げてオーディエンスを煽りまくる。
両手を挙げてオーディエンスを煽りまくる。

   今回のアイドル横丁祭には、SUPER☆GIRLSやDorothy Little Happyのほか、スペシャルアクトで℃-uteも参加。生のバックバンドによる演奏を交えながら新進気鋭の7組が渾(こん)身のパフォーマンスを披露した。

   BABYMETALは丁度真ん中、4番手として登場した。荘厳なクワイアSEとともに3人がステージに現れるとオーディエンスからは大きな歓声が挙がる。今回は「ドキモニ」MVに出ていた骸骨スーツを着たバックバンドも出演。ステージにはマーシャルアンプがずらりと並んでいる。

   1曲目の「ドキモニ」冒頭からメインボーカルのSU-METALが雄叫びを上げ、サイドを固めるYUIMETAL、MOAMETALも激しくヘッドバンギング。骸骨バンドは実際にはエアーバンドと思われるが、物凄い爆音だ。アイドルのライブなのに、フロア前部では早くもモッシュが発生する。サビの「チョ待って!チョ待って!」では、会場全体が大合唱となった。この曲はもうキラーチューンと言っていいだろう。

   次が3月に発売されたばかりの新曲「いいね!」。モダンヘヴィネスをベースにエレクトロニカやラップ、デスヴォイスのパートを入れた組曲的な楽曲だ。間奏部分では、3人が両手を挙げた状態で上半身を倒しては上げてを繰り返し、オーディエンスを煽りまくる。

コメント欄は2022年8月23日から、システムを移行します。詳しくはお知らせをご確認ください。
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!