2018年 7月 21日 (土)

14日開通の「新東名」、浜松SA「NEOPASA」を先行公開

印刷

   中日本高速道路は、東名高速に平行する新東名高速の御殿場(静岡・御殿場市)と三ケ日(浜松市北区)の両ジャンクション間が2012年4月14日に開する。それに先がけて、8日、上下線の双方に設置される浜松サービスエリア「NEOPASA(ネオパーサ)」を公開した。

   ネオパーサ浜松は「音のある風景」がコンセプトで、浜松市がピアノ製造の一大拠点であることから、外観がピアノの鍵盤を模したものとなっており、楽器メーカーの商品がおかれるほか、音楽イベントのためのスペースも設置される。また、キッズコーナーやペットも入れるカフェ、ドッグランなども整備され、子ども・ペット連れにもやさしいつくりになっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中