14日開通の「新東名」、浜松SA「NEOPASA」を先行公開

印刷

   中日本高速道路は、東名高速に平行する新東名高速の御殿場(静岡・御殿場市)と三ケ日(浜松市北区)の両ジャンクション間が2012年4月14日に開する。それに先がけて、8日、上下線の双方に設置される浜松サービスエリア「NEOPASA(ネオパーサ)」を公開した。

   ネオパーサ浜松は「音のある風景」がコンセプトで、浜松市がピアノ製造の一大拠点であることから、外観がピアノの鍵盤を模したものとなっており、楽器メーカーの商品がおかれるほか、音楽イベントのためのスペースも設置される。また、キッズコーナーやペットも入れるカフェ、ドッグランなども整備され、子ども・ペット連れにもやさしいつくりになっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中