手持ちの携帯につけるだけで3D映像が取れる!

印刷

   富士通研究所は、既存の携帯電話やスマートフォンなどのカメラ付き端末で3D映像を撮影できる技術を開発したと、2012年4月26日、ホームページ上で発表した。

ネット上で3D映像を共有

アタッチメント
アタッチメント

   小型で安価なアタッチメントを既存の携帯電話やスマートフォンのカメラの前に取りつけ、撮影した映像をクラウドで3D映像へ変換処理するという技術だ。

   簡単に3D映像をつくれるため、ブログやWebページ、写真や動画の共有サイトでの3D映像の普及が期待されるという。

   詳細は、6月4日から米国・ハリスバーグで開催される国際会議「IEEE ISCE (International Symposium on Consumer Electronics)」で発表予定だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中