心奪われる歌声、心洗われる歌声 ダイチンタナ

印刷
『Silent Sky:寂静的天空』
『Silent Sky:寂静的天空』

Daiqing Tana(黛青塔娜)

演奏:HAYA BAND

『Silent Sky:寂静的天空』

TCD-9202

2400円

2011年3月31日発売

風潮音楽(Wind Music)/カルタコム


   モンゴルといえば、ホーミー/オルティンドー/馬頭琴くらいしか馴染みもない。ただその印象は強烈で、一度聴いたら忘れられない声、音。

   日本でモンゴルといえば、いまでは相撲取りを思い出す人が多いだろうが、今から20年程前には、オユンナというモンゴル出身の女性シンガー・ソングライターが活躍していた。素晴らしい声の持ち主だった。

   オユンナは、いまでも時々日本で歌っているという話を聞くが、残念ながら聴きそびれている。

   その彼女に匹敵する、いやそれ以上かもしれないモンゴル出身の女性歌手が、北京で活躍している。

   黛青塔娜=ダイチンタナがその人。

   日本で紹介されているCDは、台湾の「風潮音楽(Wind Music)」から発売されたものの輸入盤。台湾では2009年、日本では昨年3月末に発売されたが、東日本大震災もありまったく誰の目にも耳にもとまらなかった。もちろん筆者もスルーしていた。

   それを最近、カルタコムのカタログの中から見つけ出して聴いてみたが、これはちょっとスルーできなかった。

   民族音楽というわけではなく、しっかりと西欧的ポピュラリティーを持って音作りがされている。そのベースが哈雅楽隊=HAYA BANDで、彼女は2006年に参加している。

   このバンドの音は2007年に中国で制作された『狼図騰』で聴くことができ、ダイチンタナも1曲ヴォーカルを担当しているようだが、残念ながら日本では手に入らない。

   2007年の10月には、代官山のUNITで行われた"第4回東京アジア・ミュージックマーケット"に参加していたそうだが、こちらも残念ながら参加していない。

   馬頭琴、ホーミーを奏することのできるメンバーがおり、モンゴルトラディショナルの香りも楽しめるバンド。

   ダイチンタナのヴォーカルは、とにかくヒーリング感溢れ、言葉の分からない我々にとっても、その声を聴いているだけで心のどこかのわだかまりが氷解していくような感覚になる。ゆるむ。

   アルバムには日本では馴染みがないが、香港生まれ・育ちの、世界で活躍する日本人パーカッショニスト・荒井壮一郎氏の名が見える。意外な名前を発見すると、意外に嬉しい。

   こういう歌が聴かれるようになれば、日本のササクレだった空気も少しは和みそうな気もするのだが……。

加藤 普

【Silent Sky:寂静的天空  収録曲】

(ちなみに曲目の中国語表記を併記しておきます)

1. Silent Sky(寂静的天空)

2. Snow Mountain(雪山)

3. Ongmanibamai(Ongmanibamai)

4. Qinghai Lake(青海湖)

5. Passed Time(往日時光)

6. Dancer in the Darkness(黒暗中的舞者)

7. Missing You(懐念)

8. Golden Bracelet(金色的[金蜀]子)

9. Reborn(重生)

◆加藤 普(かとう・あきら)プロフィール
1949年島根県生まれ。早稲田大学中退。フリーランスのライター・編集者として多くの出版物の創刊・制作に関わる。70~80年代の代表的音楽誌・ロッキンFの創刊メンバー&副編、編集長代行。現在、新星堂フリーペーパー・DROPSのチーフ・ライター&エディター。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中