2019年 12月 15日 (日)

SNSで驚きの声相次ぐ 「1300万円」ニコン魚眼レンズ

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   日本製のカメラレンズ「フィッシュアイニッコール6mm F2.8」が海外ネットユーザーの間で話題を呼んでいる。今から40年前にニコン(当時は日本光学工業)が「世界最広角の魚眼レンズ」として発売したビンテージレンズで、注目されているのは直径23.6センチ、重さ5.2キロというその巨大さだ。

   英ロンドンのカメラ店が2012年4月に売りに出し、間もなくあるコレクターに1300万円という高値で買い取られたのだが、TwitterやPinterestなどのSNSではその後も驚きの声が相次いでいる。

画角220度、「後ろ」も写っちゃう

カメラが主か、レンズが主か…(カメラ店のブログより)
カメラが主か、レンズが主か…(カメラ店のブログより)

   海外ネットユーザーたちはこの日本生まれの「巨人」にすっかり度肝を抜かれ、

「WOW……」
「クレイジー……」

とただただ仰天しており、ネットニュースやブログなどでは「モンスター」「マンモス級」などという形容詞が飛び交っていた。

   外国人が驚くのも無理はない。カメラに装着すると、カメラにレンズが付いているのか、レンズにカメラが付いているのかわからなくなるほどだ。大きさを支えるためレンズ下部には専用の台座が取り付けられている。もちろん相当の力自慢でなくては、手持ち撮影などはもってのほかだろう。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!