バイドゥ、「独自OS」搭載のスマートフォン発表

印刷

   バイドゥ(中国)は、2012年5月15日、自社開発のスマートフォン「Changhong H5018」を発表した。

十分な性能に低価格

   「Baidu Cloud Smart Terminal platform」と呼ばれるOSを搭載しており、バイドゥのクラウドサービスを完全に統合しているのが特徴だ。クラウドストレージにくわえ、「Baidu Music」、「Baidu Map」、「Baidu Mobile IME」といったバイドゥが提供するクラウドベースのアプリがインストールされているほか、「Baidu Cloud Store」を通じてさまざまなアプリを入手可能だ。

   3.5インチのタッチスクリーンを採用し、3G接続に対応、音声認識と手書き入力による「バイドゥ検索」もできる。

   製造はiPhoneの製造でも有名な「フォックスコン」でおこなわれ、「チャイナユニコム」が低価格で提供するという。発売日や価格等の詳細は未定だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中