2021年 9月 24日 (金)

「河本・生活保護問題」バトル 「悪い」のは制度か人か

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

30代困窮者はなぜ孤独死したのか

『助けてと言えない いま30代に何が』

『助けてと言えない いま30代に何が』
『助けてと言えない いま30代に何が』

   2009年の春、北九州市の借家で孤独死した39歳の男性が発見された。投函されなかった封筒の中に「たすけて」と書かれた紙切れが残っていた。この「たすけて」という文字が取材のきっかけとなった。文藝春秋の『助けてと言えない いま30代に何が』(編著・NHKクローズアップ現代取材班、1260円)は、09年10月に放送されたNHK「クローズアップ現代」で高視聴率を上げた番組をまとめたものだ。

   派遣切りによる失職、ホームレス化、そして孤独死。取材を進めると、就職氷河期世代といわれる30代の多くが困窮生活を送りながら、親の援助や生活保護に頼ろうとせず孤立する道を選んでいることがわかってきた。不正受給の問題とは裏腹に、必要としているのに声を上げない。彼らにとって生活保護とは何だったのか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!