おいしさ「最高評価」 マック「トマトビッグチキン」の実力とは

印刷

   日本マクドナルドが2012年6月5日から販売している期間限定商品「ビッグチキン」「トマトビッグチキン」が、近年にない好評を呼んでいる。

   同社の2010年8月以降の期間限定商品購入者への調査結果から明らかになったもので、特に「トマトビッグチキン」は、「総合満足度」「おいしさ評価」の2部門で、過去2年の期間限定商品中、最高の評価を獲得した。ここ最近のヒット作「テキサスバーガー」(2010年)や「アイダホバーガー」(2011年)を上回る反響だ。

新開発のチキンパティがジューシー!

好評のマクドナルド「ビッグチキン」と「トマトビッグチキン」
好評のマクドナルド「ビッグチキン」と「トマトビッグチキン」

   秘密は、新開発のチキンパティ。マクドナルドでは2010年以来、チキンメニューの開拓に力を入れているが、モモ肉を使った今回のパティは従来品よりさらに進化を遂げ、外は衣がサクサク、内は肉汁がジューシーという「チキン」ならではのおいしさを追求した。ほかにもベーコン、モッツァレラチーズ、レタスとオニオンといった豊富な具材をはさみこみ、「リッチ」で「ビッグ」な味を実現している。

   価格は「ビッグチキン」が単品で340円~350円、バリューセットで660円~680円。「トマトビッグチキン」が単品380円~390円、バリューセット690円~710円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中