知らない人でも楽しめる「エヴァンゲリオン展」

印刷

   手塚治虫記念館(兵庫・宝塚市)は、2012年6月29日から「エヴァンゲリオン展」を開催している。

貴重な資料や、等身大フィギュアなど

エヴァンゲリオン展の一角 (c)カラー
エヴァンゲリオン展の一角 (c)カラー

   展示するのは、企画書やシナリオ、絵コンテといった制作の流れをたどる資料や、全長2メートルの初号機フィギュア、人気キャラクター「レイ」「アスカ」の等身大フィギュアなど。

   同作をあまり知らない人でも楽しめるよう、テーマやストーリーを紐解きながら、エヴァンゲリオンの魅力に迫る内容となっている。

   また、同展オリジナル商品なども販売する。

   「エヴァンゲリオン」は、1995年10月から放映されたロボットアニメ。深いテーマ性や魅力的なキャラクター設定、独創的な映像演出などが注目され、社会現象を巻き起こした。今秋には最新作「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」が公開される。

   入場料は、大人700円、中高生300円、小学生100円。10月22日まで。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中