2018年 5月 28日 (月)

「500 ツインエア」限定特別仕様車 フィアット

印刷

   「フィアット グループ オートモービルズ ジャパン」(東京・港区)は2012年7月4日、2気筒エンジンを搭載した「500(チンクエチェント) ツインエア」から特別仕様車「500 ツインエア スポーツ」(400台限定)と「500 ツインエア スポーツプラス」(250台限定)を発売する。

   2007年7月4日にイタリアで発表された現行モデルの「500」が、デビュー5周年を迎えたことを記念したモデルだ。

日本初導入となるツインエアエンジンのMT搭載車

写真は、「500 ツインエア スポーツ」
写真は、「500 ツインエア スポーツ」

   「優れた環境性能と高い走行性能を両立しているツインエアエンジンの魅力を凝縮した」という特別仕様車で、インタークーラー付きターボを搭載した2気筒エンジンには、2種類のトランスミッションを組み合わせている。

   「500 ツインエア スポーツ」には、現行の「500/500C ツインエア」と同じATモード付き5速シーケンシャルトランスミッション「デュアロジック」を、「500TwinAir SPORT PLUS」には、ツインエアエンジンでは日本初導入となるマニュアルトランスミッションを搭載した。

   またエクステリアには、リアルーフスポイラーやピアノブラックルーフ(500 ツインエア スポーツのみ)、マットブラックのアルミホイールなどを装着したほか、インテリアには濃色系のボディーカラーとブラック基調のスポーツシートを採用している。

   全国メーカー希望小売価格は、「500 ツインエア スポーツ」が230万円、「500 ツインエア スポーツプラス」が235万円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中