2021年 6月 17日 (木)

もったいないぞ軍艦島 コスプレ撮影「絶景」なのに…

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

前回コラムより続く)軍艦島の本当の名前は、端島(はしま)という。長崎市(旧高島町)にある旧炭鉱の島は、海の下に眠る石炭を掘り出す海底炭鉱が中心で、当時、その激しい労働は言語を絶したそうだ。最盛期には5300人近い人口が居住し、小さな島に密集しながら生きていた。しかし1960年以降は、主要エネルギーが石炭から石油への移行により衰退。1974年に閉山、無人島となった。

コスプレイヤー憧れの的に

背景も大切
背景も大切

   今、ここがコスプレイヤーの憧れの的になっている。㈱音羽出版 『コスBON』Fantasyでは、この冬からツアーを組んで軍艦島への上陸撮影を企画、その下準備のために軍艦島を訪れた。長崎港から20分すると、確かに軍艦のような島が目に入る。

   そもそも軍艦島に、観光客も上陸できるようになったのは今から3年前の春だった。地元の船会社が長崎市に働きかけて、船をつける上陸のコンクリートの桟橋を作り、初めて観光の上陸が可能になった。

【プロフィル】肥留間正明(ひるま・まさあき) 埼玉県生まれ、日本大学法学部卒業。作家、芸能評論家、ジャーナリスト、㈱音羽出版社経営。女性自身(光文社)記者として記者生活のスターと、週刊宝石(光文社)、 FLASH(光文社)創刊を担当、“巨乳”という造語を作る。エンターテイメント、歴史ドキュメントを中心に執筆、出版活動を本格的に開始。〈テレビ出演〉『やじうまワイド』(テレビ朝日)、『アッコにおまかせ』(TBS)、『ワイドスクランブル』(テレビ朝日)ほか。〈著作物〉『勝新 役者バカ一代』(音羽出版)、『がん闘ったスターたち』(テレビ朝日)、『ウオンビン 江原道から』(鹿砦社)、『チャン・ドンゴン~ソウルの空から』(音羽出版) 『オレンジレンジ~コザからのメッセージ』(音羽出版)、『龍馬と海』(上・脱藩編)/『龍馬と海』(下・亀山社中編)その他多数

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!