2022年 8月 12日 (金)

中国の子ども肥満化めぐる都市伝説 「西洋の常識」通じない調査結果とは

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

「肥満の子供は算数の学力が劣る」報道も

児童用牛乳もさまざまな種類がある
児童用牛乳もさまざまな種類がある

   ところが、こういう予測に反する研究結果が2011年、報告された。「American Journal of Health Behavior」という医学誌で発表された報告によると、中国でも、睡眠時間が少なく、座りがちな活動(テレビゲームなど)の時間が多いティーンに過体重が多いのは西洋諸国と同じなのだが、両親の教育が高く、裕福な家庭の子供のほうが過体重になりやすいという、西洋諸国とは逆の傾向が示されたという。

   低年齢の小児のほうが、年齢が高い小児より過体重になりやすいというのも西洋と逆。さらに、活発な運動をし、野菜摂取が多く、甘いものの摂取が少ないと過体重になりやすいという不可思議な結果も示された。西洋諸国とは異なる文化習慣や社会的因子が中国では作用しているのだろうと、この論文では推測している。

   さて、先(6)月「Childe Development」という医学誌に、「肥満の子供は算数の学力が劣る」という報告が掲載され、中国の新聞でも広く報道された。「太ると成績が下がる」となると、学力重視の中国社会では大問題だ。これを機に砂糖入り牛乳とファストフードを控えるようにならないものだろうか。

小林真理子

【プロフィル】
小林真理子(こばやし まりこ)
北京在住3年のフリーランスライター&翻訳業。
趣味は旅行と武道。

コメント欄は2022年8月23日から、システムを移行します。詳しくはお知らせをご確認ください。
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!