これがiPhone5だ!? 「蜘蛛」風イメージ画が海外で話題

印刷

   そろそろiPhone(アイフォーン)5の発表も近いのでは、といった噂が盛り上がりを見せている中、アイフォーン5の最新画像と称するものがネットで公開されて話題を読んでいる。

まるでSF映画のガジェットのよう

未来のアイフォーンはこうなる!?
未来のアイフォーンはこうなる!?

   しかしこの「アイフォーン5」、湾曲した本体にまるで蜘蛛のような5本の「足」がついているという、斬新だがこれまでの前情報とはあまりにも違う代物だ。この足を指の間に挟みこむことで、手の甲にアイフォーンを固定して使うのだという。スマートフォンより、いわゆる「ウェアラブルコンピューター」に近い雰囲気だ。

   この画像、実はイタリアのデザイナーFederico Ciccareseさんが次期アイフォーンをイメージして作成したもの。Ciccareseさんはこれまでにもアイフォーンやアイパッドなど最新端末のイメージイラストを複数公開しており、今回の「アイフォーン5」も、「Mashable」など多くの海外IT系メディアで、「非常にクール」「奇抜にして未来的」などと好意的に取り上げられている。ツイッターでも「ほしい!」「これって本物?」と、このアイデアの実現を望む声が相次いでいた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中