2021年 6月 17日 (木)

【Paris発】妙に明るいコスプレ・フランス人 「日本エキスポ」人気、今年も健在

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   フランスのみならず、ヨーロッパ近隣諸国から、ニッポン・カルチャーのファンがパリの見本市会場に大集合する、ジャパンエキスポ。今回2012年の入場者数は20万人を突破した。

   また、本家パリのみならず、4年前からはフランス南部のマルセイユ、2011年からは、中部オルレアンとベルギーのブリュッセルでも開催され、いずれも今後、毎年行われる予定だという。国境を超えて、広がるジャパンエキスポの勢いが止まらない。

明るいオタクたちが、会場を闊歩

会場に一歩入ると…
会場に一歩入ると…

   ジャパンエキスポの会場に一歩入ると、まず、目につくのがコスプレ姿の若者たち。アニメやSF映画の主人公に扮したり、ロリータファッションに身を包んだり、の10~20代の若者たちが会場を闊歩し、日本のコミック、アニメグッズを販売するブースに群がる。

   今年の名誉ゲストのきゃりーぱみゅぱみゅのライブに熱狂し、漫画家・浦沢直樹のサイン会のために朝早くから列を作る。日本のコミケのイメージだが、フランスの若者たちはさすがラテン系だけあって、オタクと呼ぶには妙に明るい。

   ジャパンエキスポ事務局で、国際マーケティングを担当している柳沢氏は、「日本ではジャパンエキスポ=コミケと捉える人が多いようですが、実際は日本の伝統文化や最先端ハイテクを紹介したり、観光をテーマにしたりするブースもある、日本に関連して幅広いテーマを扱うイベントです」

   派手なコスプレについ目がいってしまうが、確かに、伝統工芸品や和雑貨の展示販売ブースも混雑しているし、書道や武道のデモンストレーションなども人を集めている。

【プロフィル】
江草由香(えぐさ ゆか)
フリー・編集ライター。96年からパリ在住。ライターとして日本のメディアに寄稿しながら、パリ発日本語フリーペーパー『ビズ』http://www.bisoupfj.comの編集長を務める。著書は芝山由美のペンネームで『夢は待ってくれるー女32才厄年 フランスに渡る』。趣味は映画観賞。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!