巨大フリスクBOX丸の内に現る 大きさも刺激も43万倍?

印刷

   代表的なタブレット菓子「FRISK(フリスク)」といえば、いつでもどこにでも持ち歩けるのが魅力の1つだが、そんな常識を吹き飛ばす「巨大フリスク」が東京・丸の内オアゾ「○○広場(おおひろば)」に出現する。

ミントが香る風で爽快クールダウン

「FRISK スッキリスクエア」イメージ図。全長3mの「FRISK BOX」も登場する
「FRISK スッキリスクエア」イメージ図。全長3mの「FRISK BOX」も登場する

   クラシエフーズ(東京・港区)が2012年7月23日~27日に開催する「FRISK スッキリスクエア」に登場する「FRISK BOX(フリスクボックス)」は全長3メートル、体積は本物のフリスクの約43万倍という破格のサイズだ。しかも訪れた人は、このフリスクボックスの中に入ることもできる。内部ではミントが香る風が吹くほか、音楽が流れており、夏の暑さを爽快にクールダウンする。

   会場ではこれ以外にも、3種類のミントのアロマエッセンシャルオイルを塗ってもらい、その香りの効果・効能を体験できる「TRY!ミント de スッキリ」や、アロマテラピストから「スッキリ」するためのレクチャーを受けられる「スッキリミントセラピー」といった「スッキリコンシェルジュサービス」なども展開する。利用はいずれも無料。

   また周辺店舗でも、イベントと連動したミントでスッキリ体験が受けられるサービスも実施される。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中