3か月しか味わえない 北海道産「生」のエゾバフンウニ

印刷

   この時期、夏の旬の食べ物といえばさまざまあるが、北海道の礼文・利尻島産のエゾバフンウニもそのひとつだ。上質の昆布が獲れるこの地域は、昆布をエサとするウニのお味も上質なことで評判高い。

水揚げ次第、順次発送される

塩水を抜くと、オレンジ色のウニがびっしり
塩水を抜くと、オレンジ色のウニがびっしり

   そのエゾバフンウニの漁が解禁になるのが、例年6月ごろからの約3か月間であり、この間だけ、ウニを生のまま、居ながらにして取り寄せることもできる。

   そこで今回はウニの取り寄せで定評がある「海鮮工房 礼文島の四季」で、お試しタイプの生エゾバフンウニ・濃厚小粒タイプ(90グラム・2990円、送料込み)を注文してみた。ちなみにレギュラータイプは180グラム・6980円(送料込み)となっている。

   このお店のうたい文句は「浜直送」。礼文・利尻島産の取れたてのエゾバフンウニを塩水だけにつけて、冷蔵で急送するという。注文時に少々注意したいのは、水揚げ次第、順次発送という点。天候などの影響で水揚げ量が異なってくるため、発送の日時が注文時にはわからないのだ。

小粒でも濃厚な味はたしかなもの

   いつ発送されるかわからないというのはやきもきするが、今回は注文から1週間ほどで発送され、その翌日に東京に届いた。プラ容器を開けると塩水に浸かったウニがぼうっと浮かんでおり、磯の香りが広がる。この塩水を抜くと、鮮やかなオレンジ色のウニが姿を見せる。

   たしかに小粒ながら、とろけるウニの濃厚な味はたしかなもの。それもさることながら、いまの時期しか食べられない生ウニが、海の底から遠路はるばる運ばれて食卓に上っていると思うと、ひとしお感慨深く、贅沢な思いが満喫できるひとときである。


商品名:礼文・利尻島産エゾバフンウニ

製造:海鮮工房 礼文島の四季

サイズ:濃厚小粒タイプ・90グラム/レギュラータイプ・180グラム

価格:濃厚小粒タイプ・2990円/レギュラータイプ・6980円(いずれも送料込み)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中