2019年 5月 20日 (月)

イチローの「新たな挑戦」から学ぶ ヤンキース移籍と「前へ進む力」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   大リーグのマリナーズからヤンキースへ電撃移籍したイチロー。「環境を変えて刺激を求めたいと思った」。日米をまたに掛け、数々の輝かしい記録を打ち立てながら、なお挑戦を続ける38歳。イチローとは何者か。J-CASTニュースの新書籍サイト「BOOKウォッチ」(https://www.j-cast.com/bookwatch/)でも特集記事を公開中。

孤高のプレーヤーの素顔と本音

『イチローイズム 僕が考えたこと、感じたこと、信じること』
『イチローイズム 僕が考えたこと、感じたこと、信じること』
『イチローイズム 僕が考えたこと、感じたこと、信じること』

   インタビューは難しい。相手が気難しい職人肌の場合は、とりわけそうだ。しかし、いったん、ツボにはまれば、本人さえ気づかなかった内面を引き出すことができる。メディアの前で多くを語らず、謎めいた印象のあるイチローへの取材は難しい部類に属するだろう。集英社文庫の『イチローイズム 僕が考えたこと、感じたこと、信じること』(著・石田雄太、580円)は、300日にわたる独占取材から信頼関係を築き、アスリートとしての素顔と本音、日常のプライベートに関することまで孤高のプレーヤーの魅力を聞き出すことに成功した。

   「野球記者になりたい」とNHKに入りスポーツ番組のディレクターを務め、現在はフリ―のスポーツジャーナリストとして活躍する著者のヒット作だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中