カッコよさと走行性能磨き上げた「スポーツハッチバック」 トヨタ、「AURIS」をフルモデルチェンジ

印刷

   トヨタ自動車は、日欧戦略車の「AURIS」(オーリス)をフルモデルチェンジし、2012年8月20日に発売した。「スポーツハッチバック」というコンセプトを明確に打ち出し、エクステリアではダイナミックなスポーティさを表現。デザインや乗り心地といった、クルマが本来もつ、さまざまな魅力を高次元で調和させた。

「常識に尻を向けろ!」

トヨタ独自の「キーンルック」を採用
トヨタ独自の「キーンルック」を採用

   初代オーリスは2006年10月にデビュー。VW「ゴルフ」やBMW「1シリーズ」などと競合する欧州のCセグメントカー市場向けに開発されたモデルで、見た瞬間、乗った瞬間、走り出した瞬間にオーリスの魅力が実感できる「直感性能」をもつ。

   新型オーリスは、「そのDNAを継承し、とにかく、カッコイイデザインを追求した」(デザイン本部の池田亮・第1デザイン室長)という。

   トヨタ独自の、獲物を捕らえるような眼差しを表現するフロントデザイン「キーンルック」を採用。「世界のどこで見ても、ひと目でトヨタ車であることがわかるようにした」(製品企画本部の藤田博也チーフエンジニア)。

   また、全高を55ミリ下げて低重心にすることで、ダイナミックでスポーティなフォルムに、空力や居住空間の確保などの機能性をスマートに融合させ、俊敏な走りと快適な乗り心地を両立した。

   独自開発のCVT(無段変速機)を搭載し、排気量1500ccの2WDアイドリングストップ機能付きのタイプでは、ガソリン1リットルあたり19.2キロメートル(JC08モード)と大幅に燃費性能を改善。さらにオートマチックハイビームを新たに採用したほか、後席乗員や歩行者の安全性向上にも配慮したボディ構造のほか、VSCの標準装備など、高い安全性能を確保した。

   メインターゲットを30歳代の「独身貴族」に据えて、PRを展開。「時代の潮流と一線を画すスポーツハッチバックの『オーリス』」の象徴として、「リア(お尻)」をキービジュアルに「常識に尻を向けろ!」のキャッチコピーで訴求する。

   価格は171万円から。月間販売台数2000台を目標とする。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中