高濃度醸造で「リッチな」味わい 秋限定、アサヒ「秋宵」

印刷

   アサヒビールは2012年8月下旬、秋限定の新ジャンル商品「アサヒ秋宵(あきよい)」(350・500ミリリットル缶)を全国発売した。

「クリスタル麦芽」を一部使用

350ミリリットル缶(左)と500ミリリットル缶(右)が登場
350ミリリットル缶(左)と500ミリリットル缶(右)が登場

   秋のビール類に「コク」と「味わい深さ」を求めるユーザーの声に応える形で登場したのが「アサヒ秋宵」だ。

   発芽させてからローストした、「ほのかに甘い風味を持つ」という麦芽「クリスタル麦芽」を一部使用し、アルコール分を6%まで高め、上質なビターホップで仕上げている。高濃度醸造によるコクと苦味・後味のバランスがとれた味わいが楽しめるという。

   ネーミングは、秋の「宵」と心地よい「酔い」からきている。パッケージは、高級感のある「赤」をベースに、「紅葉の景色」をモチーフとしたデザインになっている。

   価格はオープン。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中