2019年 10月 19日 (土)

【書評ウォッチ】弱者の味方でお人よし 寅さん人気に無縁社会変革のカギが?

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

北杜夫をルーツとして再評価

   ほかには、北杜夫を「現代文学の秘められたルーツ」として再評価する日経の記事がおもしろい。「本の小径」という小さなコーナー。『文藝別冊 追悼総特集 北杜夫 どくとるマンボウ文学館』(河出書房新社)で、中でも40代から50代の現役作家や研究者が思春期以来影響を受けた存在としてとらえていると、筆者の宮川匡司編集委員が語る。

   芥川賞作家の磯崎憲一郎さん(47)は「太宰治や三島由紀夫から小説に入る人も多いのでしょうが、北杜夫はそれとはまた別の流れを作った人だと思います」。日本近代文学の研究者・石原千秋氏(56)は、戦争の影から「スコーンと抜けて」いる北文学の先駆性を指摘している。

(ジャーナリスト 高橋俊一)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!