2018年 5月 25日 (金)

「修復」おばあちゃんに勝てるか 「酷すぎるキリスト画」、ゲームに

印刷

   老婦人による「修復」でとんでもないことになってしまったスペイン・ボルハの教会のキリストの肖像画が、なおも話題を呼び続けている。ニュースになって以来、世界160か国から取材が来たり、Tシャツができたり、しまいには修復した老婦人が寝込んだり――

   そんな中、海外で登場した「The Cecilia Prize」は例のキリスト肖像画をウェブ上で「修復」できるサイトだ。2012年8月31日までに、Twitter(ツイッター)で6000人近くがつぶやく人気ぶりとなっている。

修復はやっぱり難しい

ツイッターのハッシュタグ「#ceciliaprize」にあふれる、各国のユーザーによる「修復」の数々
ツイッターのハッシュタグ「#ceciliaprize」にあふれる、各国のユーザーによる「修復」の数々

   サイトにはオリジナルの老朽化したキリスト肖像と、お絵かき用のパレットが用意されている。ユーザーは老婦人がしたのと同じ要領で、このキリスト肖像に上から色を塗って「修復」に挑戦するという仕組みだ。

   早速記者も試してみたが、かなり難しい。色数は少ないし、お絵かき用ソフトには不可欠な「アンドゥ(やり直し)」機能もない。実際、各国のユーザーがツイッターなどに投稿した作品を見ると、老婦人と同様、ほとんどがまったく別の絵になってしまっており、

「なんだかんだ言って、みんなのフレスコ画修正ひどいじゃんw」
「件の修復のインパクトを超えるものがなくて、逆に例のおばさんは天才なんじゃないかと思えてくる」

といった声が聞かれた。

   URLは、http://www.ceciliaprize.com/

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中