2019年 5月 22日 (水)

島根・浜田のソウルフード ピンクの「赤てん」その正体

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   東京・日本橋三越のライオン像の斜向かいあたりに、「神々の国」島根県のアンテナショップがある。その名も「にほんばし島根館」といい、松江名物の和菓子やソバ、しじみ加工品、工芸品などを豊富に取りそろえている。

ちょっとB級な魚の練り物

生姜じょうゆのほか、マヨネーズをつけてもおいしい
生姜じょうゆのほか、マヨネーズをつけてもおいしい

   充実の広さを感じる店内の冷蔵棚に、島根のちょっとB級なご当地グルメとして見逃せない食品がちょこんと並んでいた。「赤てん」(江木蒲鉾店、5枚入り536円)だ。真空パックになっていて、賞味期限は約1か月。江木蒲鉾店からメールやファクスで取り寄せることもできる。

   この「赤てん」は平たく言ってしまえば、四角い形をした魚の練り物揚げということになるだろうか。魚の練り物ならば、各地の物産館でよく見かけるが、浜田市の名産であり、地元のソウルフードだというこの練り物は、見た目からしてちょっと独特。「赤」のようなピンクのような色をしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中