早炊き業界最速! 「白米特急」なら15分でホカホカごはん

印刷
業界最速の「白米特急」メニューも採用した(写真は、「極め炊き NP-ST10型」)
業界最速の「白米特急」メニューも採用した(写真は、「極め炊き NP-ST10型」)

   象印マホービンは、圧力IH炊飯ジャー「極め炊き NP‐ST10型(南部鉄器 極め羽釜)」を、2012年9月11日に発売する。

   NP‐ST10型は、昨年発売し大変好評だった炊飯ジャー「南部鉄器 極め羽釜NP‐SS10型」に新たな機能を追加。羽釜炊きの大火力を維持でき、しかも保温ごはんのうるおいを保つ「うるおい二重内ぶた」と、業界最速の「白米特急」メニューを新たに採用した。

   「うるおい二重内ぶた」は、内ぶたを二重にすることで、炊飯時にうまみ成分のもとといわれる「おねば」を釜内に封じ込める。一方、保温時には必要な水分を逃がさず、釜内のうるおいをキープし、保温ごはんのおいしさを守る。また、炊飯中のふきこぼれを抑えるので、羽釜炊きの高火力を維持したまま炊き続けることができる。

   さらに、業界ナンバー1の速さの約15分で炊き上げる「白米特急」メニューを搭載。内釜の水位線をさらに見やすく、0.5カップ刻みの線を追加して、おいしさの命ともいえる水加減を細かく調整できるようにした。羽釜形状の内釜は、伝統工芸品の南部鉄器。

   希望小売価格は、13万6500円。 また、「南部鉄器 極め羽釜」と同一の内釜形状である「極め羽釜 NP‐SB10型」にも同様の新機能を追加し、圧力IH炊飯ジャー「極め炊き NP‐SC10型」として8月21日に発売する。

   希望小売価格は、11万5500円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中